債務整理の必要書類を提出するタイミングはいつ?

債務整理の手続きを進める上で、色々な書類を提出したりする必要がありますが、これらの書類は裁判所へ提出する必要があるものと、弁護士や司法書士へ受任手続きをしてもらう際に必要な書類とまた違ってきます。

裁判所へ提出するもののまとめは、債務整理の手順や手続きの流れをまとめました。でそれぞれの手続きに必要な書類をまとめていますので、参考にして下さい。

ここでは、弁護士や司法書士へ提出が必要な書類についてのまとめと、書類を提出するタイミングについて、Q&A形式でまとめましたので、参考にして頂ければと思います。

 

まず、書類の提出タイミングですが、一般的には受任(代理)契約の手続きを取るタイミングとなります。

最終的には、面談をして意思確認などを行った上で契約しますので、その時までにある程度の書類を用意しておく事になりますし、説明もあるかと思います。

ただし、取引履歴については、代理人が受任通知を発送したタイミングで、各債権者へ開示請求もしますので、取得しなくても大丈夫かと思います。

以下、関連するものをQ&A形式でまとめましたので、参考にして下さい。

 

弁護士や司法書士へ提出する書類は何ですか??
身分証明書(運転免許証、健康保険証、パスポートなど)、契約書の写しや借入明細書や領収書など、借入先のカード、印鑑、その他必要とされる書類

※中には用意出来ない書類もありますので、その時は相談先の専門家に事前確認するとスムーズに相談しやすいかと思います。

 

相談時に、すべての書類を用意しないといけないのでしょうか??
相談は、多くの事務所で無料相談という形をとっていますので、そのまま受任契約をするとなった場合に、印鑑などが必要となります。

あくまで、話を聞きたいだけの場合には、書類がなくても相談が出来ますが、債務状況を把握する事で、より高い精度のアドバイスを頂ける可能性が高いので、借入先の情報などはあった方が良いかと思います。

 

相談だけ、匿名での相談は出来ないのでしょうか?
多くの事務所で債務整理の相談を無料としています。

もちろん相談だけしてみて、代理契約を結ばないという事も出来ますし、勧誘や契約を強制されるような事も基本的にはありません。

(=もし執拗な行為がある場合は、然るべきところで相談するのが無難かと思います。)

また、相談は匿名で行なえる事務所もあり、電話やメールで相談するところからはじめて、最終的に契約となった時点で面談という事もあります。

相談時点で、匿名でという希望がある場合は、ホームページなどを確認して匿名相談が出来るところを中心にピックアップするのが良いかと思います。