債務整理の手続きを浦和で取られた方の体験談

債務整理の相談、手続きの前に、どこの事務所で代理人をお願いしようか?と考える時に、できるだけ参考になる情報を収集したいところだと思います。

ここでは、浦和で手続きを取られた方の体験談を参考にして頂き、債務整理に必要な情報をまとめていきたいと思います。

 

債務整理の体験談を教えて下さい。
40代男性 浦和市在住

point 自営業の運転資金繰りに困り消費者金融で借金を繰り返し・・・

私が浦和で自営業をしていたのは、日本の景気が絶好調の時でした。

そのときには、仕事が次から次へと入ってきましたし、好景気を追い風にして事業の規模を拡大させていったのですが、それがいつまでも続くことはなく、徐々に仕事が経ていきます。

バブル崩壊の少し前から、事業に陰りが見え始めて、それから程なくして、バブルがはじけると取引先が倒産し、代金を支払ってもらえない状態が続きました。

結果的に、キャッシュが底をついて、新しい仕事を受注できなくなり、銀行からも借りられなくなりましたから、どうにか事業を継続するため、取引先の支払いに充てるのに、消費者金融で借りるようになったのです。

 

何とか資金繰りをしながらも、借金は3,000万円くらいにまで膨らんでしまい、毎月の返済金額は40万円くらいにまで大きくなったのです。

ここまで来ると、さすがに返済不能となりましたし、「債務整理をするしかない・・・」という状況になって、すぐに弁護士事務所に相談に行きました。

 

自営業で債務の状況が複雑だったこともあって、自己破産の申し立てを行うまでに1年以上の時間がかかりましたが、申し立てを行い、今は免責の許可も出て、借金のない生活を送ることができています。

資産が少しあったためで「管財事件」になったことが、債務整理に時間がかかった原因だと言うことも、後から聞かしてもらうことができました。

 

確かにしんどい状況であり、色々な人に迷惑をかけたとは思いますが、人生はこれからだと思いますし、いかにこれから恩返しをしていくかが大切だと思っています。

そうなるように、今は地道に仕事で信頼の回復をしてもらえるように、努めていこうと思います。

債務整理で信頼回復は出来るのか?

債務整理には様々な方法があり、自己破産をすると体験者の方のいうように、多くの債権者に迷惑をかける事にもなりますが、任意整理や民事再生などでは、それなりに返済する事にもなりますし、絶対的に迷惑をかけるという事でもありません。

 

また、いずれの手続きにしても、債務整理をする事で信頼が失墜するのか?と言えば、個人的にはそんな事は無いと思っています。

体験者が語っていると同様に、債務整理に至るのは正当な権利ですし、ある意味仕方のない事だと思います。

(債権者側にも、「貸した側の責任」もあると思いますしね・・)

そのため、そんなに責任を感じる事がなくても良いと思いますし、これから十分やり直しする事は出来ますので、良い機会だと捉える方が良いかと思います。

 

さいたま市 地域情報

  • 上木崎、木崎、岸町、北浦和、皇山町、駒場、神明
  • 瀬ケ崎、高砂、大東、常盤、仲町、針ヶ谷、東岸町
  • 東高砂町、東仲町、前地、三崎、元町、本太、領家