うつ病で仕事できない 生活に支障が出る借金にはご用心

実名、住所の登録不要!完全無料の相談方法は?

うつ病をはじめとする、精神病を患うと、社会復帰が大変で、生活にも支障が出たりするので、人によっては生活保護を受給するケースもあります。

一方で、生活保護を受給できず、生活そのものが大変だったり、借金を抱えて、返済ができなくなってしまう方もいらっしゃいます。

ここでは、借金の債務整理をされた方の体験談を通して、うつ病などで借金を抱える危険性について、お話出来ればと思います。

借金をし始めたきっかけは?

うつ病と軽いパニック障害があり、正社員では仕事できないので、パート勤務をしています。パートは収入が少ないですし、また病気の事もあって、すぐにパートをやめてしまう事もあり、思うような収入を得る事ができませんでした。

それと同時に、こどもの入学費用などお金がかかる事も多いので、生活費を補填するのに、借金を始めたのが、最初のきっかけでした。

借金の相談をするきっかけと相談方法は?

毎月の返済ですが、月末にキャッシングの支払い連絡が来ます。

今までは、遅れながらでも返済をしてきたのですが、遅れながらの返済は利息分の返済しか出来なかったですし、限界を迎えていました。

そんな中で、長期延滞をしているキャッシング会社から、分割返済に応じず、一括請求をされた事があり、その件で夫にも内緒にするのが限界になったので、借金の返済がこのままでは出来なくなると思って、債務整理の相談を弁護士へ行う事になりました。

債務整理で借金返済はどう変わったのか?

家族に内緒で債務整理をしたいという事で、最初は自己破産だと内緒では難しいと言われていたので、打ち明けるべきか悩んでいたのですが、自分の気持ちさえ整理がつくのであれば、任意整理をしてはどうか?と提案されました。

任意整理であれば、家族に内緒で借金返済ができるし、返済金額も大幅に減らせる事が出来れば、継続的に借金返済も出来るだろうという事で、お願いしました。

日専連のキャッシング63万円、Rakutenカード24万、イオンカード30万円、北海道銀行50万円もあったのですが、返済額が15万8,500円あったところ、3.3万円の返済まで下げる事が出来たので、借金返済の目処がたちました。

弁護士さんは、厳しいイメージがありますが、実は親身に相談に乗ってくれるので、不安な事は何もなかったです。

今は、精一杯返す事に集中していますし、迷惑かけた分、しっかりと返済に努めたいと思います。