債務整理後、何年でカード作れるの??

実名、住所の登録不要!完全無料の相談方法は?

債務整理の手続をする際に、代理人から説明があるかと思いますが、「信用情報に異動情報(=事故情報)が報告される」事で、当面の間はキャッシング、カードローン、クレジットカード、各種ローンの審査に通りにくい可能性が高いです。

これは、一種のペナルティみたいなもので、債務整理という特別な方法で借金問題を解決するわけだから、当面の間、何かしらの不都合があっても、我慢しなさいといったところだと思います。

 

人間って、過ちを犯す生き物

って、誰かが言ったのか、何なのか、皆さんも聞かれた事があるかと思いますが、一度や二度は、長い人生の中で犯すミスもありますし、それでチャンスが二度と来ない・・・

という事だと、これから先生きていくのも億劫になりますよね。

 

しかし、その点は「社会的な信用」と同じで、数年ほど改心している姿、努力している姿を見せ続ける事で、前と同じように信用を取り戻す事も出来るようになります。

その期間は、信用情報機関にも定められていて、5年程度とされています。

(=信用情報の異動情報の期間については、債務整理 完済後で詳しくまとめていますので、一緒に読んで頂ければと思います。)

 

また、人によっては異動情報の解消も前後するようで、異動情報の内容によっても変わる事があります。

例えば、延滞情報(3ヶ月以上の未入金)という方であれば、1年程度で異動情報が消えるという事もありますし、過払い金返還請求の場合は、全ての手続が完了すれば速やかに完済情報へ報告する事となります。

 

今、自分の信用情報がどのように登録されているか??をきちんと確認し、異動情報が消えている事を確認の上で、カードが作れるかどうかの審査を受けるようにした方が、審査に通る可能性が高まると思います。

もし、ご自分の信用情報への登録がどうなっているか??を確認したい場合は、こちらで開示手続きの代行も出来ますので、使ってみるのも良いかと思います。