債務整理の受任通知が届くと銀行の口座凍結されるって本当??

[口座凍結] ブログ村キーワード

債務整理を弁護士もしくは司法書士へ依頼すると、受任通知(介入通知)の発送が行われるのですが、この通知を持って、金融業者は債務者が債務整理の手続に入った事を知ります。

この金融業者には、消費者金融だけに限らず、銀行系カードローン(銀行)、クレジットカード会社(信販会社)なども含まれます。

 

債務整理の手続きに入るという事は、現状の満額を債権保全する事は難しいという事になるので、出来るものであれば、債務者の財産から少しでも弁済を受けたいと思うのが、債権者の想いですが・・・

ほぼ、そんな事が出来るような金融業者はいないのですが、銀行だけは稀にそれを可能とする事が出来ます。

 

今回は、債務整理の手続きを取る相手の中に、銀行系カードローンが含まれている場合に注意したい、銀行口座の凍結事情について、まとめました。

 

銀行口座が凍結される可能性があるのは?

まず、銀行系カードローンの債務整理をする時に注意したいのが、「そのカードローンの親会社にあたる銀行をメインバンクにしている、もしくは預金を置いている」ケースです。

 

通常、銀行系カードローンには、「求償権」を有する保証会社(主に消費者金融が付いています)が、代位弁済する事で、回収できない債権を回収するシステムになっているのですが・・・

銀行に口座を持っている場合、先に「代位弁済に基づく相殺」という形で、預金口座を凍結して回収し、その上で代金回収が出来ない時に、上記の保証会社へ代位弁済を求めるという事になります。

 

つまり、銀行系カードローンの債務整理をする前に、先に銀行口座の預金を引き上げておく必要があるのと、もし給料口座にしている場合は、給与の振込先を変更しておく必要があります。

 

銀行口座が凍結される期間、復活はいつごろ?

では、口座が実際に凍結された場合ですが、復活はいつごろ??という話ですが、一概に期間に定めが無いという事になっています。

銀行のさじ加減一つという事になりますが、債務整理の手続きが進んでいる途中、弁済途中で復活しても、上記のような事があるという事を聞くと、使う勇気はなかなか出ないと思います・・・

個人的には、債務整理の手続きや弁済がすべて終了し、落ち着いてからでも良いのでは無いか??と思っています。

 

また、銀行凍結の時期についてですが、受任通知が届けば、銀行系カードローンのホスト情報で、すぐに口座の有無を確認されますし、場合によっては口座開設がカードローン利用の条件という事もありますので・・・

瞬時に凍結手続きをされる事も考えられますので、受任通知発送前には、預金の引き上げなどはすべて完了しておくのが良いかと思います。

 

債務整理 受任通知 書式は雛形があるの?

債務整理の受任通知ですが、書式は弁護士や司法書士で雛形がありますので、最短即日で受任して金融業者にFAXを送信したり、郵送したりで通知する事ができます。

そのため、即日には督促(取り立て)をストップする事も可能になります。

 

債務整理 受任通知 送付先はどこにすれば良いの?

債務整理の受任通知は、FAXで送信すると同時に、郵送で送付する事も行うのですが、金融業者の中には、債務整理を専門で扱う管理部署などもありますが、基本は本社に送付する事が多いです。

その他は、契約書などで支店住所などがあれば送付するのも考えられますけど、支店は閉鎖している可能性も高いので、送付しても戻ってくる可能性がありますので、基本は本社に送付する事務所が多いです。

tokushu-01red 安心の匿名相談可!無料で相談先をお探しします!

→ 街角法律相談所は、個人情報を出さずに、借金相談を専門家にする事ができるとあって、脅威の80%の解決率を誇ります!

あなたの近隣で相談可能な事務所を匿名、無料で探す事が出来ますので、とても便利です。