債務整理したあとローンはいつから組めるの?

債務整理の手続をすると、ローンが組めなくなる??と噂で聞いていたのですが、実際のところを任意整理の相談を依頼した弁護士さんにお聞きしたところ・・・

「ローンは、一時的に審査が厳しくなり、組めなくなる可能性があるのですが、一生という事では無いですよ」という事でした。

 

弁護士さんの説明を聞いていると、

  • ローンの審査はカード会社(貸金業者、信販会社、銀行など)が行う。
  • 審査にあたり、カード会社は信用情報を参考情報の一つとして利用する。
  • 信用情報は、重要な指標の一つで問題があれば、審査に与える影響が大きい。(審査落ちの可能性が高い)

という事ですので、債務整理をする事が直接の理由という事でもなく、「債務整理をした事を信用情報を通して知って、それらの情報(信用情報)を審査の判断材料に使うため、審査に影響が出る」という事なのです。

 

この信用情報というのが、契約の約款にも書かれているとの事ですが、

  1. JICC(日本信用情報機構)
  2. CIC(クレジットカード関連の信用情報)
  3. KSC(全国銀行個人信用情報センター)

の3つで、それぞれに登録している業者が、借入情報などを報告し、それらを収集してまとめているとの事ですが、この中で返済期日の遅延(延滞)、債務整理をした情報、貸倒れやカード強制解約になった情報などは、「異動情報」と呼ばれて、マイナスな情報として報告されます。

 

そして、信用情報に加盟する業者が、最新の信用情報を取得する事で、異動情報を確認した時点で、「融資リスクが高いので、審査を通す事が出来ない」と判断し、審査落ちという事になるのが、ローンへの大きな影響と言えるかと思います。

 

tokushu-01red 任意整理、債務整理は1社からからでも手続き出来ます → エストリーガルオフィス

過払い金返還請求に強い杉山事務所 → tel 0120-092-877
※フリーダイヤルでは、無料通話できます
テレビCMでもお馴染みのアヴァンス法務事務所 → tel 0120-139-510
※フリーダイヤルでは、無料通話できます。

 

車や住宅ローンの審査にも影響?ローンはいつから組めるようになるのか?

上記のローン審査には、オートローンや住宅ローンの審査も含まれていて、他にも消費者金融などの借入があった場合でも、ローン審査に影響を与える事もあると言われています。

いずれにしても、債務整理や延滞情報などの異動情報があると、審査落ちの可能性が高いですが、これらの原因が解消されれば、一定期間を経過する事で、「異動情報が信用情報から消える」という事もあるのです。

 

将来、ローンを考えているけど、債務整理をしている場合は、ある一定期間は審査に影響が出ますが、信用情報から抹消された後は、組める可能性が出てくるという事です。

一般的には、債務整理ごとに異動情報の登録期限も違いますので、

  • 任意整理の場合は、任意整理の手続き開始より5年を超えない範囲
  • 自己破産や民事再生の場合は、手続き開始より5~7年を超えない範囲

※ただし、官報へは7年~10年は掲載されますので、こちらで審査に影響する可能性もあります。

 

ローンがすべて組める可能性が出てくるまで、債務整理の手続きを終えてから、早くても5年、遅ければ10年程度影響が出るという可能性がある。

という事は、ここで知って頂ければと思いますが、第一優先が「借金問題のトラブル解決」であれば、そこまで大きな問題とならないかと思います。