借金を踏み倒すよりも債務整理の方が有利なの?

借金が返せない時に、ふと頭によぎるのは、

「このまま借金を踏み倒してしまって、逃げ切ってしまおう・・」という考えもありますが、借金を踏み倒すのは適切な行為なのか?

それとも債務整理をきちんと行い、借金問題を解決へと持っていくのが望ましいのか?

ここでは、どの方法が良いのか??についてまとめていきたいと思います。

 

借金を踏み倒すのと消滅時効について

まず、一つ目ですが、借金を踏み倒す事ですが、督促(取り立て)が厳しくなったり、催告書などを経て、裁判所から支払督促が届いたり、訴状が届いたりする事もあるので、個人的にはオススメ出来ない方法だと思っています。

しかし、ここまでの手続きを取るのか?取り立てと言っても、訪問されたり、電話や手紙を執拗にしてくるのかは、各金融業者によりますし、債務の状況にもよります。

 

過払い金返還請求ができる債権は、触らぬ神に祟りなし??

貸金業者が一番恐れるのは、「過払い金返還請求」です。

今まで利息や元金を納めてくれていた上客だった方々が、いきなり牙をむき出し、過払い金を請求して、その上で借金をチャラにするわけですから、とても恐ろしい手続きだと思います。

 

そんな過払い金返還請求ですが、債権者が返還しますという事は言いませんので、基本的には債務者から請求があって返還されるものです。

よって、債務者が請求してこないように、債権者からすると過払い金返還請求が出来る債務者へは執拗な取り立てをする事がなかったり、支払い不能な場合は、そのまま放置してしまいますので、借金を踏み倒しできる確率はとても高くなると思います。
しかし、債務者側からの見方とすれば、過払い金返還請求が出来るにもかからず、放置してしまう事になるので、勿体無い事になると言えるのですが・・・

 

消滅時効との関係

債務整理 払わなかったらでも触れていますが、消滅時効を主張できるようなケースでは、時効成立を目指した方が良いでしょう。

消滅時効は、最終支払日から5年以上経過する事で成立するのですが、債権者も時効阻止のために、時効成立を妨害する事があります。

そうなると、また時効が延長されたりする事もあるので、消滅時効が成立するのはなかなか難しいとは思います。

 

債務整理と踏み倒し、あなたならどっち??

今まで見てきたように、借金を踏み倒すのは、逃げ続ければ良いというだけでは無いですし、家族がいれば周りへの影響もありますし、一人暮らしだと言っても会社があれば逃げ通せるものでもありません。

借金を踏み倒すのは、想像以上に難しい事だと、私は思っています。

 

それでも、借金を放置できて、消滅時効が成立するまでやり切る事ができれば良いですが、その間の時間が5年ありますので、少しでも早く借金から開放されたい、借金を忘れたい!

という方だと、債務整理の手続きを取る方が確実だと思います。