FXの為替変動に耐えられず、借金を繰り返した方が債務整理を

債務整理は、何かをきっかけに借金がふくらんだ事で、手続きを取られる方も多いかと思いますが、ここでは実際の体験談を通して、ご紹介できればと思います。

借金をし始めたきっかけは?

FX(為替取引)を始めるにあたり、手元に軍資金がなかったので、借金をして始めました。

そもそも、FXには興味があったのですが、何の知識もありませんでした。

それでも、友人が儲かっているという話をしていたので、これはやらないと損だな・・・と思ったので、やり始めました。

借金は、楽天カードでもともとはショッピングを使っていたのですが、キャッシングを利用するようになった事が始まりでした。

借金の相談をするきっかけと相談方法は?

FX(為替取引)をはじめて、最初はお金がどんどん増えて、「こんなに儲かるなら、もう少し取引量を増やしても大丈夫だな」と思ったので、少々無茶をしました。

そこから、為替が急落し、一日で今まで積んできた利益と、元本の30万円が消えてなくなりました。

それでも、これから勝てるはずと思って、仕切り直しで借金をしてFXをやり続けたのですが、ことごとく負けてしまい、最終的には借金だけが残り大変な事になってきた事に気付いたのです。

債務整理で借金返済はどう変わったのか?

普段は、サラリーマンの収入があり、借金を返済するには無理をすれば何とかなると思ったのですが、借金をしてしまった事への後悔もありますので、債務整理をして一気に解決を試みました。

セディナで40万、楽天で100万の借金があり、毎月の返済額が4.5万円あったのですが、毎月2.9万円の返済を続ける事で、48回で借金返済を終える事が出来る計算です。

FXや賭け事の借金は控えましょう

パチンコや競馬など、ギャンブルで借金をする事は、あとで大きな後悔しか残らないケースが多いです。

また、うまい投資話に乗せられたり、FXなどでお金を費やしてしまうのも、同じように成功する事が保証されるものではないので、オススメ出来ません。

 

借金をして投資にもならず、残ったのは借金だけ。

そして、頭を抱えるという事のないように、無理のない借金の利用をするように気をつけて下さいね。