債務整理 ギャンブルの借金でも可能なの?

ギャンブルで作った借金を債務整理出来るのか?債務整理はどんな手続でも盤石なのか??気になるところですので、ここでは、債務整理とギャンブルの関係に関してまとめたいと思います。

 

ギャンブルで作った借金は、債務整理出来るの?

まず、ギャンブルで作った借金でも、借金には代わりないので、債務整理の手続は可能ですが、一つだけ気をつけておきたいのが、自己破産のケースです。

ギャンブルには、競馬、競艇、パチンコ、麻雀(マージャン)など、様々ありますが、どの場合でも自己破産の場合は、「免責決定を受けられるかどうか」がポイントになってきます。

どれくらいギャンブルにハマっていて、どれくらいの借金を背負っているのかの程度にもよりますし、弁護士次第で陳情をうまく出来る場合もあります。

 

その他の手続き(任意整理、民事再生、特定調停)については、ギャンブルが原因の借金でも手続きを進める事ができるだけに、自己破産は一見厳しいところがありますが、借金をチャラにする効果があるわけですし、ある意味それだけ厳しい基準を用意しておかないと、誰でも出来るという事では困るという事なのでしょう。

 

ギャンブル依存症に注意!債務整理しても借金を繰り返さないためにも・・

また、注意したいのが、今回はうまく自己破産を出来たとしても、自己破産をしてから7年の間は再び自己破産をする事は出来ません。

よって、ギャンブル依存のような状態で、借金がなくなっても、ヤミ金などから違法にお金を借りる事を繰り返す事があると、生活再建どころか、生活破綻を招きかねません。

 

安易な自己破産という選択をするよりも、ギャンブル依存が見られる場合は、まずはそちらの問題をカウンセリングなどである程度解決しておく事も大事かも知れません。

また、一人ぼっちになると、人は意思が弱くなりますので、周りの友人や家族のサポートも必要になってくるのですが、決して「あなたは一人ではない」という事を忘れないで頂きたいです。

 

悩んでいる事を人に話したり、専門家に確認を取ってみると、案外簡単に解決する種類の問題があったりします。

是非、一人で悩まず、どんな難しい問題でも、解決できるという強い意志を持って臨んで頂きたいと思います。