債務整理すると保証人になれるの?保証人への影響は??

債務整理すると、友人や家族の保証人になれるのか?そして、もし自分の借金に保証人が付いている場合、保証人に迷惑をかける事があるのか??

ここでは、保証人が受ける影響について、まとめていきたいと思います。

 

債務整理すると、人の保証人になるのは難しい・・

まず、最初にお話したいのが、債務整理するという事は、「信用力が低下」する事と同じ意味ですので、銀行をはじめとする金融機関からの借入が難しくなります。

通常、保証人や担保を付けるという行為は、「自分の足りない信用を補うため」ですから、そもそもの信用力が低いとなっている時点では、保証人になれないという事ですね。

 

ちなみに、この信用力の低下を示すものは、マイナンバーだったり、個人情報だったりするわけではなく、一番重きをおくものは、「信用情報」になります。

信用情報は、全国信用情報センター(JICC)、CIC、全国銀行個人信用情報センター(KSC)、テラネットなどがありますので、ここで異動情報(=事故情報)があると、信用低下の可能性が出てきます。

 

自分の借金に保証人がいると影響が出るの??

話が変わり、逆のケースの場合、自分の借金に保証人が付いているケースは、自分ではなく他人に迷惑をかける可能性が大なので、要注意です!

まず、保証人には通常の保証人と連帯保証人という形態があるのですが、特に連帯保証人となると、契約主体者と同じだけの責任を有する事になり、即座に責任を取る必要があるので注意が必要です。

 

さらに、本人が借金を債務整理して身軽になっても、保証人の責任が消えるわけではありませんので、債権者から取り立てされる事になります。

つまり、債務者本人が自己破産して借金をチャラにしても、保証人はチャラにならないで、そのままの義務を負うという事なので、返済出来なければ、保証人も債務整理に入る必要があるという事です。

 

さらに!

先程もお話した通り、連帯保証人の場合は、保証人のような「抗弁権」がないので、

  • 検索の抗弁権 債務者の財産が無いか確認するよう対抗する事
  • 催告の抗弁権 保証人への請求前に債務者へ請求するように対抗する事

この2つが認められないので、即座に請求される立場になりますので要注意です。

 

よく、友人や知り合いの保証人になってトラブルが起きたという事を聞きますが、安易な保証人契約をした事で、大きな損害をこうむる事もあります。

そうならないように、簡単に引き受けるものでは無いという事は、ここでもお分かり頂けるかと思います。