個人自己破産の流れを体験談を元に紹介、会社(法人)とは違い、難しい手続きはありません。

自己破産には、個人が手続きするものと、会社(法人)で手続きするものとがあり、それぞれの手続の進め方を簡単にまとめると、以下のようになります。

[table sort=”desc,asc”] 手続きの流れ,個人(同時廃止),個人(管財事件)

申立裁判所,地方裁判所,地方裁判所

ステップ1,同時廃止(財産無し),少額管財もしくは管財事件

ステップ2,同時廃止決定,管財人と面接

ステップ3,免責審尋,債権者集会

ステップ4,免責許可決定,債権確定&配当

,,破産手続き終結決定

,,免責審尋

,,免責許可決定

[/table]

 

ちなみに、会社(法人)が自己破産する際の流れですが、

[table sort=”desc,asc”] 手続きの流れ,会社(法人)

ステップ1,会社の財産を保全

ステップ2,申し立て書類の準備

ステップ3,破産申立

ステップ4,破産開始決定、破産管財人の選任

ステップ5,破産管財人の管財業務進行

ステップ6,債権者集会

ステップ7,債権者へ配当

ステップ8,破産手続き集結、廃止決定

[/table]

上記の通り、個人も会社(法人)も、流れに大きな違いがありません。

ここまで、簡潔に自己破産の流れを確認したところで、この先は実際に自己破産をされた方の体験談を紹介しながら、自己破産の流れをチェックしていきます。

自己破産の体験者Aさん

自己破産の原因、そして手続から完了までの道のり

あれは27歳の時でした。まだ世間を知らず、親の会社の連帯保証人になりました。

もちろん大手の銀行ですので、法外な金利ではありませんでした。親の経営する小さな会社で働き始めた私は、会社の置かれた状況を知らずに休みなく働きました。

時代もまだよかったようで、まあまあの仕事を顧客からいただいていました。

 

ところが、あるときから給料の未払い、税金や家賃、下請けさんへの支払いの滞納に気が付きました。それなりに利益は出ていたのですが、あちこちからの借金返済などに充てられていたのです。

一体、いくらくらいの借金かも想像できませんでした。あとでわかったことですが、およそ1億円近くの借金があったようです。

 

35歳までは懸命に返し続け、約2500万円くらいになりましたが、その後はどんどん仕事が減り、親は人ごとのように何もしませんでした。

家を売るとか、会社は倒産や解散しようと何度も言いましたが、聞く耳を持ちませんでした。

数か月話し続けても、まったく同じことの繰り返しでした。あまりにばかばかしくなった私は会社を辞め、家からも出ていきました。

 

何とか食いつないで38歳の時に、現在の妻と結婚しました。

まだ連帯保証人の分が2000万円ほど残っておりましたが、それから約10年くらい債権者(主に大手銀行など)から何度か連絡がありました。

その度に返済方法の相談をしたいと言ったのですが、なぜか彼らは相談に乗りますというものの、連絡をくれません。3年に1度くらい担当が変わりましたと言ってくるだけです。

多少なりとも余裕があった時期もありましたが、返しようがないような状況でした。

 

そして47歳の時に、左手を複雑骨折してしまいました。

およそ3ヶ月ほどは仕事にならず、もんもんとした日々を送っていて、当然、お金に困り、初めてカードローンに手を出してしまいました。

それからはカードが少しずつ増えていき、金額も増すばかりでした。気が付けば200万円以上となり、急激にやる気もなくなっていきました。

 

何となく状況を伝えていた妻に、自己破産を考えていると言いました。

妻は「結論を出したなら仕方がない」と言ってくれましたので、ちょっとホッとしたところもあるのですが、それからは、テレビやラジオなどで過払い金などのコマーシャルを聞き、二人の弁護士に相談しました。

 

そのうちの一人に相談の上、自己破産手続きをお願いしました。

そこから約3ヶ月、大手企業に勤める妻と何度も弁護士と会いましたが、妻の財産や給料、家計のことなどかなり細かく書類が必要でした。

手続開始から半年と少しで免責が確定したのですが、長いようで短い半年でしたが、弁護士と妻には大変感謝しています。

これから、また職を探さなくてはなりませんが、借金がなくなったことで、いくらか落ち着きを取り戻せています。

自己破産の手続きをしてから、3ヶ月~6ヶ月程度は、時間を要しますし、同時廃止事件であれば金銭的にも、精神的にも負担が少ないです。

これで借金をチャラにし、前向きに日々を過ごせるというメリットを得られるのであれば、借金問題に悩まされている方は、大きなメリットを得られるのでは無いでしょうか。