債務整理と事故情報の関係とは?そして期間はどれくらい?

債務整理をする中で、事故情報という言葉を聞く事がありますが、事故情報とは何?そして事故情報はどれくらいの期間登録される事になるの??

という点について、ここではまとめていきたいと思います。

 

point 事故情報とは信用情報上の異動情報の事です。

まず、事故情報とは何?についてからですが、事故情報とは信用情報上では「異動情報」と呼ばれています。

異動情報というのは、簡単に言えば「債務者にとって不利な情報」という事で、例えば、

  • 長期間に渡って延滞をしている。(未払いが継続)
  • 貸倒れとして債権者が費用計上している。(回収不能と判断)
  • 各種債務整理の手続(特定調停、任意整理、自己破産、民事再生)をしている。
  • カードを強制解約されている。

これらの情報が、信用情報上に登録される事を言います。

 

事故情報が登録されている期間は、新規のキャッシングやカードローン、クレジットカードの審査に落ちる可能性が高いという事、住宅ローンなどの審査にも通りにくい可能性があるという事は、債務整理 完済後でも紹介している通りです。

また、債務整理の手続を開始してから「5年」は、事故情報として、債権者が登録している信用情報機関へ登録される事となります。

 

信用情報機関については、債務整理 個人でのところでまとめていますので、一緒に読んで頂き理解を深めて頂けるかと思います。

 

借金を放置していても延滞情報として事故情報は登録されますし(この場合は、延滞解消されると1年ほどで消えますが)、債務整理の手続を取っても登録はされます。

いずれにしても、事故情報が登録される可能性があるのであれば、早急に債務整理を経て、借金問題を解決に向かわせる方が、時間も有効的に活用出来るかと思いますし、問題も前進出来るかと思います。