債務整理するとクレジットカードに影響は出るの?

債務整理をすると、住宅ローンをはじめとするローン関係、そしてクレジットカードなどのカード関係に影響が出るという事は、ご存知だと思います。

今回は、「どんな影響が出るのか?」、「影響はいつまで続くのか?」、クレジットカードに関連する気をつけたい情報について、まとめていきたいと思います。

 

債務整理で起きるクレジットカードへの影響

まずは、債務整理にあたりクレジットカードに起きる影響についてですが、

  • 新しく作成するクレジットカード審査に通らない。
  • 今持っているクレジットカードが使えなくなる。

という影響が考えられると思います。

 

最初の新しいカードを作る件ですが、「信用情報機関」に債務整理をする事で、ある情報が報告される事となります。

この情報を「異動情報」と呼ぶのですが、債務整理 事故情報で詳しく紹介していますので、合わせて確認下さいね。

異動情報は、「事故情報」とも呼ばれていて、債権者が借入審査などを行う際に、必ず確認を取りますので、これらの情報があれば、新規融資(カード発行)は難しいです。

 

次に、今お持ちのカードが使えなくなるという事ですが、これも同じく債権者は融資の途中でも、カードを発行後も「途上与信」と呼んでいるそうですが、適正な借入限度額の見直しやカードの発行基準を満たしているか。

を信用情報で確認をしているとの事です。

そのため、債務整理に関する情報が判明した場合、与信額を下げたり、ストップしたり、クレジットカードの強制退会という事もあり得ます。

いずれにしても、信用情報に登録された事故情報は、大きなデメリットになる可能性があるという事ですね。

 

異動情報はずっと続くの??

ところで、異動情報についてですが、一度登録されると永久に登録されるのか??と言えば、そうゆうものではなく、異動情報は登録日から5年を超えない範囲となっています。

よって、異動情報が付いても、5年間カードの発行やキャッシング、ローン関係の審査も我慢をしていれば、異動情報も消えるので、審査に通る可能性が出てきます。

 

このように、債務整理をしても、一定期間のデメリットを受ける事もありますが、人生をやり直す事は出来ますし、損にはなりません。

もし、今借金に苦しんでいたり、クレジットカードに影響が出ていて、どうにかしたい・・・

と悩んでいるような事があれば、まずは現状を何とか解決する事が、未来に光を灯すために必要な最初のファーストステップです。

 

当サイトでは、債務整理に強い弁護士や司法書士を債務整理 体験談でランキングにまとめていますので、参考にして頂ければと思います。

債務整理してから完済後どれくらいでローンやクレジットカードが作れるの?

債務整理を完済するケースは、

  • 民事再生の返済計画案で完済する場合
  • 特定調停や任意整理で和解した内容を完済する場合

のいずれかになりますが、だいたいの返済計画は、3年~5年以内で完済できるようにするのが、通常です。

 

同時に、完済した後にどれくらい経過すると、住宅ローンやクレジットカードの審査、キャッシングやカードローンの審査に影響が出なくなるのか??という点が気になります。

ここでは、完済後の信用情報機関の登録について、まとめていきたいと思います。

 

信用情報の異動情報の登録期間はいつから5年なの??

まず、債務整理をすると過払い金返還請求を除いて、信用情報に異動情報が報告されます。

この異動情報は、事故情報だったり、ブラックリストなどと呼ばれる事もありますが、これらの情報は金融業者にとっては、とても大切な情報で、貸し倒れリスク回避のために使います。

 

そのため、信用情報機関に異動情報の登録があると、ローン審査やクレジットカード審査などの審査が通りにくくなり、審査落ちする事も珍しくありません。

 

ここで気になるのが、

  • 登録期間は、永久的に登録されるのか??
  • 期限があるとすれば、登録はいつから起算日になるのか??

という二点になるのですが、まず異動情報の登録期間は「5年~7年」と言われています。

 

また、登録されるタイミングは、「債務整理を開始した時」となっていますので、返済を続けていく中で、債務整理後5年以内に完済していると、5年を経過していれば信用情報から異動情報が登録抹消している可能性もあります。

このあたり、ローンやクレジットカード審査をするタイミングで、先に信用情報機関へ登録情報の開示請求をしておき、内容を確認しておくのも一つの方法です。

手続きが判らない、という場合は、専門家に相談してみるのも一つの方法かと思います。

 

tokushu-01red 関連ある記事をピックアップ

債務整理後のクレジットカード作成は可能?

債務整理をした時に、「今持っているクレジットカードは、公共料金の引き落としや、外出時の買い物で使うので、使えなくなるのは不便だなぁ」と思っていました。

また、クレジットカードには、契約更新というものがあるので、使えたとしても更新できなくなるのであれば、その時から不便になるなぁという事で、弁護士さんに任意整理をお願いする前に質問しました。

 

クレジットカード会社次第ですが、更新までカードを使える事が多い

まず、クレジットカード会社は定期的に信用情報の更新を行うようで、そのタイミングまでは債務整理をしている事は、知られる事がありません。

そして、新しい信用情報の更新タイミングで、新たな与信(カードやショッピング限度額を決める事)を行うという事で、私も任意整理した直後に影響が出る事はありませんでした。

 

そして、クレジットカード会社によっては、新しい与信時にカードの利用停止を決める事もあれば、信用情報に異動情報が出ていても、取引が正常であればそのまま使える事もあります。

私も、そのまま使えてきましたので、特に厳しくなかったのかな??という印象です。

(=Docomoと提携するDCMCカードです)

※個人事に状況も違うかと思いますので、一概には言えないと思いますので、気になる点は都度会社へ確認するようにしましょう。

 

更新のタイミングで、クレジットカードの再審査が行われる

クレジットカードは、5年に一度くらいのタイミングで有効期限が切れます。

その時に「自動更新」で審査が行われるのですが、(解約しない限りはされると思います)そのタイミングで、今後のカード発行が相応しいかを再審査されます。

 

更新の際の審査では、口コミや評判などを読んでいると、カード会社によっては信用情報に異動情報があると、審査落ちする事があるようです。

ただし、これも一概には言えず、個人ごと、会社ごとに事情も変わります。

 

弁護士の先生曰く、債務整理の手続きによって信用情報の報告期間などが違うようで、一般的には

  • 任意整理、自己破産、民事再生、延滞情報などの異動情報は、5年を目処
  • 自己破産、民事再生の官報への登録は、7年ないし10年を超えない期間

という事でしたので、私の場合は手続きを取ってから5年を超えない期間は、カードの審査(更新審査含む)には気を使うという事になりました。

債務整理のデメリットは?住宅ローンやクレジットカードへ影響は?

債務整理には、自己破産、民事再生、特定調停、任意整理と種類がありますが、それぞれの手続きを進める際に、「今後の生活に影響したら嫌だな・・・」という気持ちはあるかと思います。

例えば、自己破産をすると、一定期間法律で定められた職種になる事は禁止されていたり、免責決定が決まるまでは居住地の制限がされるという自由が奪われる事が多少なりともあります。

 

他に、信用情報に異動情報(=世間ではブラックリストと呼んだりしますが・・・)が登録されると、登録期間は、新たな借入審査に影響が出るとも言われています。

 

債務整理は、手続きを行う事で、大きなメリットを得られると同時に、逆にデメリットとなる事ももちろんある事を承知の上で、手続きを進める必要があります。

一方で、住宅ローンやクレジットカードというものは、生活上必要になってくる頻度の高いものですので、特にここではこの2つについて取り上げたいと思います。

 

住宅ローンへの影響はあるの??

まず、住宅ローンに関してですが、金融機関(主に銀行かと思いますが)は、審査の際にJICC、CIC、全銀連の信用情報を取得します。

※信用情報には、過去のそれぞれの加盟業者で、どんな利用をしていたかが見れます。

 

異動情報には、債務整理に関する事、延滞情報、貸倒れ情報などが記号で登録されていて、現在利用がある場合は、現在の利用残高、毎月の返済状況などもわかるようになっているようです。

 

これらの信用情報に異動情報が登録されている場合は、先程も書いた通り、住宅ローン審査に通りにくいです。

やはり、金融機関としてもリスクの高い住宅ローンの融資(金額も大きいので・・)、焦げ付きしないローン審査という事で慎重です。

 

クレジットカードへの影響はあるの??

次に、クレジットカードへの影響ですが、信販会社はクレジットカード審査の際には、必ずJICC、CICの信用情報を取得します。

※場合によっては、全銀連の信用情報も取得します。

 

また、クレジットカードは「更新」する事もあるので、更新の際にも再審査という事でJICC、CICなどを取得し、発行可能かを確認する事となります。

 

いずれの場合でも、クレジットカード審査の際に、信用情報に異動情報が登録されている場合、審査に通りにくくはなります。

逆に、更新を迎える前のクレジットカードは、定期的に信用情報の更新を行う事はあるようですが、更新されないで異動情報が登録された事が確認されていない場合・・・

今持っているクレジットカードは、今まで通り利用できる事になります。

※あくまで個別の会社ごとの事情もありますので、気になる点がある場合はお持ちのカード会社へ連絡しましょう。

 

私も、債務整理の(任意整理)の手続きを行い、「5年間は信用情報に報告される」と弁護士さんから聞いていましたので、その点は覚悟していました。

ただ、今では住宅ローンを組めましたし、全て完済して多重債務の生活は過去の事・・・

という事で、特に不都合がないので、人間いつでもやり直し出来るって本当だなぁって思っています。