マンション投資の失敗例 借金だけ残った罠

マンションや不動産の投資って、夢がありますし、成功すると億万長者とか夢を見がちですが、現実はそう簡単では無いでしょうし、失敗例や、ハマったら怖い罠などはしっかりと把握しておくべきです。

他にも、詐欺だったり、悪徳業者の例もありますし、多額の借金をしてマンション投資で失敗し、借金だけが残ったという例もありますので、要注意です。

ここでは、マンション投資に失敗した方で、任意整理をした方の体験談を紹介したいと思いますので、参考にして頂ければと思います。

借金をし始めたきっかけは?

不動産投資の話、マンションへの投資を知人から持ちかけられて、投資をするために借金をしたのがきっかけです。

銀行からの融資を受けられればよかったのですが、信用がなかった上に、不動産の評価も低かったために、担保として価値も見られず、融資を受けられませんでした。

借金の相談をするきっかけと相談方法は?

結局、投資に失敗し、任意売却をする事になったのですが、借金は残ってしまい、利息だけを支払い続けていました。

しかし、このままだと残債務が減らないですし、効率の良い返済方法は無いものか?と探していたところ、弁護士へ相談する方法に至りました。

債務整理で借金返済はどう変わったのか?

今まででも借金返済が出来ないというわけではなかったのですが、将来利息をカットしてもらえるという事で、任意整理の方が返済がはるかに進むであろうと思って、債務整理をする事にしました。

アプラスから216万円の借入がありましたが、月々は、3.6万円の返済で済ませる事ができましたので、とても満足しています。

投資で借金するのも考えモノ

任意整理をする必要があるかはさておき、その前提として投資に対して借金をしてしまのは、あとあとのリスクヘッジを考えれば、いかがなものでしょうか??

自費出版トラブルのところでも、お話した通り、投資が上手くいけばリターンが大きいかもしれませんが、夢を見るのも大切ですが、現実をしっかり直視する事。

これも大切な事です。

投資で借金を抱えて、心もお金もズタズタ・・とならないように、節度を持って行動されるのをオススメしたいと思います。

 

tokushu-01red 借金問題の解決!全国1000箇所以上の事務所から、最適な事務所探しをサポート

→ 日本法規情報「債務整理サポート」