債務整理で郵便物が届くケースは?郵送物が理由でバレるの??

私自身の体験ですが、債務整理で気になった一つに、「郵便物が届く事があるのか??」という事がありました。

ここでは、債務整理で送られてくる書類、そして郵送物で家族などにバレる事があるのか??という点について、まとめていきたいと思います。

 

債務整理で届く書類はあるの??

債務整理で届く郵便物ですが、任意整理をした私の体験からですが、特に何も送られてきたものはありませんでした。

また、事件を受任されると、任意整理の手続き中に債権者から督促電話や通知などを送られるという事もありませんので、基本的に家族にバレるリスクは低いと思われます。

 

一方、民事再生、自己破産、特定調停の手続きとなると、裁判所が介入する事もあり、裁判所から書類が届く事もありますので、注意が必要かも知れません。

 

郵便物を局留め扱いにする事は出来る??

では、郵送物を局留めにしておけばどうなんだろうか??と疑問に思ったので、調べてみましたが、家族にバレたくない、慎重な方であれば、そのようなところまで配慮する必要があるかもしれません。

実際に、過去の依頼で絶対にバレないようにするにはどうすれば良いか??と受任前に相談される方もいらっしゃるくらいです。

と聞いた事があるくらいです。

 

局留めにすると、最寄りの郵便局まで受け取りにいく必要があり、面倒な事もありますが、それでもプライバシーを守り通すには必要な行為かも知れませんね。

 

自己破産すると、郵便物がチェックされるって本当??

郵便物についての話題に合わせて、ここでもう一つ紹介したいのですが、自己破産をすると自分に届く郵送物の中身が何なのか??をチェックされると聞いた事があります。

そこで、調べてみたのですが、管財事件として「少額管財」として処理されるケースで、免責されるまでの間、郵送物が破産管財人の元に配達される事になるという事でした。

 

この期間は、6ヶ月程度を要する事もあるようですが、破産管財人も全ての郵送物では無いですが、申告以外の財産が無いか??というチェックをするためだそうです。

例えば、有価証券報告書だったり、自動車関連の書類、預金口座の受け取り利息や定期預金などの書類が定期的に届きますので、これらを管財人がチェックをしているのでしょうね。

 

当面は、面倒な事や気分を害する事もあるかも知れませんが、少しの間の我慢ですし、免責が決定すれば借金はチャラになるわけですから、そこは我慢もしがいがあると思います。

 

tokushu-01red 安心の匿名相談可!無料で相談先をお探しします!

→ 街角法律相談所は、個人情報を出さずに、借金相談を専門家にする事ができるとあって、脅威の80%の解決率を誇ります!

誰にも内緒で、債務整理の相談を始めたい!そんな方には、街角法律相談所はオススメの相談方法です。